宝塚からの宅急便 No.45 文:吉田千津子 写真:奥村森

2017.01.03 Tuesday 13:49
0

    Dog 犬

     

    ちょっといい話

     

    私は無類の動物好きで子供の頃から捨て犬や猫を拾ってきた。あげくのはては、一度ヤギを拾ったこともあった。そんなわけで我家には何時も動物がいた。2年前の東日本大震災では、置き去りにされ鎖に繋がれたまま死んでいった飼い犬や家猫達が野生化して増殖し続けるている現状、やせ細った牛があちこち彷徨っている話を聞くと何とかしてやりたいと心が痛む。日本では毎年、何10万匹の犬や猫が殺処分されていると聞く。

     

    2013年6月24日付の朝日新聞で「捨て犬もアテネ市民」という見出しが目に入った。ギリシャは、すでに経済が危機的状況で生活が大変なこともあり、捨てられる犬猫が急増しているという。しかし、アテネでは日本のように殺処分はしないそうだ。

     

    まず、捨てられた犬猫をシェルターで保護し、その間に予防注射や去勢、避妊手術をほどこし、首にマイクロチップのIDを付けて住民(犬?猫?)登録する。この間に里親が決まれば引き取られるが、そうでない場合は再び路上に出されて、地域犬・猫として生活をするのである。

     

    餌をやるのは、住民や動物愛護団体にまかされる。この「アテネ方式」と呼ばれる方法は2003年から始まった。これまでの10年間に4400匹が保護され、その内の1000匹が里親に引き取られたという。ギリシャは財政危機で動物愛護関連の予算も半分に削られてはいるようだが、それでも獣医師会や動物愛護団体などが協力して、これまでどうりの対応をすると書かれていた。

     

    日本はギリシャに比べれば、アベノミクスとかで政府は経済的に上昇気流だと自慢しているが、今なお東日本大震災で災害を受けた人々の救済もままならない現状である。動物にやさしく出来ない国はイコール人間にもやさしく出来ない国なのではないだろうか。私は経済危機にあっても生き物にやさしいギリシャが好きになった。人間も動物も地球上の生き物なのだから。 

    category:動物愛護 | by:tanukuro2013comments(0) | -

    宝塚からの宅急便 No.48 文と写真:奥村森

    2017.01.06 Friday 11:25
    0

      Hacchi 保護猫広場ラブとハッピーの看板猫 ハッチ

       

      保護猫広場ラブとハッピー

       

      2015年11月20日、「保護猫広場ラブとハッピー」が東京都日野市南平にオープンした。保護猫広場を主宰する酒井裕見子さんが、猫の保護を始めたのは2000年の事件がきっかけだった。

       

      2匹のノラが虐待され、3本足になった猫事件からだ。その中の1匹は、お腹に子を身ごもっていた。後に、この猫たちをラブとハッピーと皆が呼ぶようになり、それに因んで施設の名称とした。

       

      ひとりでも多くの人に、猫を大切にする気もちを持って欲しい、1匹でも多くの猫を救いたい。これ以上ノラが増えないよう去勢手術を施し、傷を負った猫たちの治療に努めた。同じ活動をする仲間との交流も深まり、情報交換や助け合いも活発になった。

       

      ネットワークのなかに「きもと動物病院」の木本先生がいた。開業時から保護猫値段を設定、安価で去勢やワクチン注射をしてくれたので助かった。だが、酒井さんは活動に限界を感じ始めていた。その頃、近隣で同じ活動をする動物管理責任者の資格を持つ舟崎真理さんを始めとする仲間達と出会った。

       

      すでに酒井さんと舟崎さんの家には、多数の保護猫で溢れ、もう限界だった。同じ目的をもった者同士が意気投合、保護猫広場を設立することにした。

       

      まずは施設の場所探し、余程の理解者でない限り貸して貰えないと覚悟はしていた。しかし、たまたま訪れた動物好きの不動産屋さんが、同じく動物好きのビル所有者、多田眞砂子さんを紹介してくれた。

       

      次に、第一種動物取扱登録書や動物取扱標識などを東京都から認可を得なくてはならない。こちらも既に日野市三沢で保護施設を運営していた「にゃんぷく」の八木さんが懇切丁寧に教えてくれたのでスムーズに手続きが進んだ。

       

      開設するやいなや、保護されたノラが次々と運ばれてきた。最初は険しい表情をしていた猫たちも、時の経過と共に驚くほどゆったりとして優しい表情に変わっていく。痛々しい傷跡だけが過去の厳しい生活を推測させた。

       

      ラブとハッピーの気もちが人の輪を作り、出来上がった保護猫広場、これからの活動は里親会の随時開催、ペットホテル運営、猫の一時預かりと生涯預かり、捕獲相談などがメインだが、寄付だけに頼らず独自の営業展開で定収入確保を目指すため、猫カフェや手作りグッズの販売も手掛ける。

       

      里親は、届けることが可能な地区に限定、これは猫の住環境をチェックするためだ。高齢者の場合は、その猫を引き取り継承できる家族がいること。厳しい制約だが、これも猫たちの将来を思っての優しい心遣いである。

       

      保護猫広場ラブとハッピー ホームページ

      http://lovetohappy.com/

       

      保護猫広場ラブとハッピー の猫ちゃんたちの画像

      http://www.officeokumura.com/001-c-cat000kensaku.html

       

      category:動物愛護 | by:tanukuro2013comments(0) | -

      Calender
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
       
      Selected entry
      Category
      Archives
      Recommend
      Link
      Profile
      Search
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM