やっぱり、ブラジルが好き

2016.12.23 Friday 15:21
0

    南大沢日記

     

     

    やっぱり、ブラジルが好き

     

    Borinho de  bacalhau たら入りのコロッケ

    Borinho de  bacalhau たら入りのコロッケ

     

    最近、たびたびブラジルが話題にのぼる。私がブラジルに住んでいた1960年代は、日本人にとってブラジルといえば、アマゾン、原住民、大蛇、コーヒー位しか知らなかった。今はサッカーをきっかけとしてブラジル料理、音楽(サンバ、ボサ・ノバ)が日本社会にも少しずつ浸透して来たことは、とても嬉しい。

     

    私にとってブラジルは、第二の故郷だ。私の住んでいた町はブラジルの一番南にある、Rio Grande do Sul(リオ・グランデ・ド・スル)州の州都 Porto Alegre(ポルト・アレグレ)であった。ブラジルといえども、この州では冬には雪が降ったりもする。

     

    イタリアやドイツからの移民が多く、イタリア移民は、とても美味しいワインを沢山生産しているし、ドイツ移民は靴やバッグを作って輸出している。ご存じのようにブラジルは南半球にあるので、季節は日本と正反対になる。8月が真冬で2月が真夏だ。

     

    カーニバルが開催されるのは真夏の2月。クリスマスはサンタが汗をダラダラ流しながらやって来る。ソリの代わりにサーフィンに乗ってくるのである。ブラジルは人種のルツボと言われ、世界中の人種が混血して成り立っている。基本的にはコスモポリタン人である。日本と違い多民族移民国家なので様々な文化や言語が混じり合い興味深い。

     

    イタリア、スペイン、ポルトガル、ドイツ、中国、韓国、レバノン、ハンガリー、勿論日本も含む世界中からの移民の集まり。日産自動車のカルロス・ゴーン氏もレバノン系のブラジル人だ。ブラジル人は、とても気さくで、人なつっこいので、すぐに Amigo(アミーゴ)といって仲良くなるので余り自分が外国人であることを感じないですむ。

     

    文:吉田千津子 写真:奥村森

     

    (重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。

    著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

    category:南大沢日記 | by:tanukuro2013comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
     
    広告
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM