ロサンゼルスで聞いた話『電子レンジで被爆?』

2019.10.25 Friday 16:33
0

     

     

     

    今月10月15日からロサンゼルスに何時ものように出掛けた。青い空と乾いた風の気候はやはり南カリフォルニアの特徴だ。とても気もちがよい。

     

    レンタカーで友人アリース宅に向かう。午後3時を過ぎると、どのフリーウェイも交通渋滞が始まる。行くたびに混雑は酷くなっていく。

     

    アリース宅に到着すると、早々彼女は、こんな事を話し始めた。「兄が送ってきたメールで、日本では2019年末を以って電子レンジが使用禁止になるの、あと二か月で処分しないと逮捕され刑務所行きになるって本当」。

     

    とんでもない話、広島にある大学の先生の調査で、電子レンジから発せられる電磁波は広島の原爆被爆量よりも大きく、直ぐに廃棄しないと重大な健康被害を及ぼすというのだ。

     

    日本政府は2020年をもって、全てのメーカーに生産停止を命じたという。アリースは真顔で、そんなことが本当に起きているのかと訊ねる。

     

    私は笑いながら「そんな話初耳、聞いたこともない」と答えた。「広島の大学の先生の名前は」と彼女に質問した。どう考えてもバカバカしく、誰が考えても非常識きわまりない。

     

    その後、彼女はコンピュータで検索したら、やっぱりフェイクニュースの欄に、この記事が載っていることを発見した。デマの出所はロシアで世界中に瞬く間に広がったらしい。

     

    彼女の兄は、インド洋に浮かぶセイシェル諸島に住んでいる。セイシェルからロスアンゼルス、昔なら絶対に伝わらない情報が、便利で簡単なツールであるインターネットで瞬時に地球の裏側まで流れる時代。一方で、このようなフェイクニュースが一日で全世界に拡散するようにもなった。

     

    信じるか信じないかは自分次第と言えばそれまでだが、これがもっと信憑性の高い内容だったら、とんでもないことになると背筋が寒くなる思いがした。

     

                                       

                                        

    文:吉田千津子 写真:奧村森

     

     

    (重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。

    著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

    category:宝塚からの宅急便 | by:tanukuro2013comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
     
    広告
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM